収益化

TikTokライブ配信が収益化の「秘訣」|副業にもおすすめやり方を紹介

TikTokで「収益化」したいけど、どうすればいいか「わからない」
tiktokで悩む人
悩む人

 

今回はこんな疑問にお答えします。

 

まず、TikTokを利用してできる「収益化のやり方」は大きく4つあります。

 

TikTok収益化にはライブ配信がおすすめ

【収益化のやり方】

ライブ配信の投げ銭

企業案件

アフィリエイトライブ配信の投げ銭

他のSNSに誘導

これらはTikTokの収益化よく言われるものですが、うまく収益化するには使い分けが重要です。

 

今回はそれぞれの収益化の特徴を活かした具体的な収益化のやり方を紹介します。

 

【このブログはこんな人におすすめ】

「インフルエンサー」を目指したい人

「副業」で収益化を目指したい人

「投げ銭」で収益化したい人

「アフィリエイト」で収益化したい

 

TikTokコンサル TEE

 

収益化のやり方の使い分け

収益化のやり方の使い分け

それでは、収益化の使い分けについて少しお話します。

 

TikTokでの収益化のやり方は

【使い分け】

  • は収益化しやすいやり方
  • 将来、収益化がおいしいやり方
  • バンされるリスクがあるからおすすめできないやり方

などに分かれます。

 

個人的には「目先の収益化」「将来の収益化」のバランスをとって、収益化を考えることが大切だと思っています。

 

「目先の収益化」と「将来の収益化」のバランス

【目先の収益化】

ライブ配信

企業案件

【将来の収益化】

アフィリエイト

他のSNS

 

基本的には「ライブ配信」と「企業案件」を中心に収益化して、中長期目線での「アフィリエイト」「他のSNS」で収益化するのをおすすめします

 

+ ライブ配信がおすすめな理由

  • ライブ配信の条件が簡単(フォロワー500人)
  • 過去動画がおすすめに乗りやすくなる

+ 企業案件がおすすめな理由

  • フォロワー1万人くらいで収益化できる
  • クライアントも多い

+ アフィリエイトは機能実装待ち

海外のTikTokでは、投稿動画からECサイトに外部誘導できる機能が実装されてます。日本TikTokではまだ利用できませんが、将来的に使える可能性があるので、今から対策がおすすめです。

+ 他のSNS誘導はリスクが高い

他のSNSへの誘導はtiktok運営にシャドウバン(密かにバン)される可能性があるので、じっくり時間をかける必要があるので、長期で対策していきましょう。

 

 

ライブ配信が収益化のポイント!

ライブ配信が収益化のポイント!

 

ライブ配信が収益化のポイント!

TikTokで収益化を考える上で「ライブ配信」は超重要です。

 

理由はこの1点です。

 

おすすめにのりやすくなる

 

ただこれだけです。

 

ライブ配信で投げ銭収益を稼ぐこともできますが、ライブ配信の最大のメリットは集客効果です。

 

お金を稼ぐのであれば、人の集まる環境を整えるのが手っ取り早いです。

 

その手段が「ライブ配信」という訳です。

 

ライブ配信をすることでこのように人が集まります。

【ライブ配信で人が集まる】

過去投稿がおすすめに表示される

配信画面もおすすめに表示される

視聴者がライブルームを通りすがる

 

ライブ配信に関しては、とりあえずこの2点を確認しておいてください。

+ ライブ配信の条件は?

ライブ配信の条件は「フォロワー500人」ではないかと噂されています。まずは「フォロワー500人」を目指してください。

+ ライブ配信での収益化は?

ライブ配信ができるようになれば、「投げ銭」での収益化ができます。これが、TikTokの機能でできる唯一の収益化の方法です。投げ銭で稼いでいるTikTokerは1週間で数百万稼いでいます。

+ 投げ銭でどれくらい稼げる?

投げ銭ランキングのトップは週200〜300万くらい稼いでいます。ランキングにランクイン(99位)すれば、週7~10万くらいを目安に考えればいいかなと思います。

 

それでは、ライブ配信の重要性もわかったところで、TikTokの収益化を加速させる収益化の大前提の話に入っていきましょう。

 

 

収益化の大前提は「コンテンツ力」と「戦略」

収益化の大前提は「コンテンツ力」と「戦略」

収益化の大前提は「コンテンツ力」と「戦略」

 

収益化の大前提となる「コンテンツ力」と「戦略」についてお話しますが、超重要です。

 

収益化の大前提

【収益化の大前提】

コンテンツ力

戦略

 

どちらか一方で収益化できることもあるかもしれません。

 

しかし、確実に収益化するためにも「コンテンツ力」と「戦略」があったほうがベターです。

 

「適切な戦略」で「質の高いコンテンツ」を発信するからこそ、人が集まる→収益化につながります。

 

収益化の流れ

 

「戦略」と「コンテンツ力」は収益化を確実にするための大前提であることを意識しておいてください。

 

このブログでは収益化の「戦略」をメインに説明していくので、「コンテンツ力」は各自日々の動画投稿で磨きをかけていってください。

 

 

収益化までの流れを確認しよう

収益化までの流れを確認しよう

 

それでは収益化までの大きな流れを3つのステップで説明します。

収益化の流れ

 

もう少しTikTok風に言うと

【収益化の流れ】

  1. 動画を投稿する(情報発信)
  2. フォロワーが増える(人が集まる)
  3. 収益化ができる

となります。

 

これらのステップをユーザーが順番に進んでくれた結果、TikTokでの収益化が実現します。

 

つまり、このステップの1つでもヘマをすれば、収益化はできません。

 

収益化に失敗する人は1つ目のステップ「情報発信」に問題があるのに、「収益化」のことばかりを考えていたりします。

 

どこに問題があるのかを見極めることが大切です。

 

例えば1つ目の「動画を投稿する」について少し考えましょう

 

「動画を投稿する」を分解すると、こんな行動になります

 

ユーザー行動

【ユーザーの行動】

見る?or 飛ばす?

いいねする?

プロフィールに行く?

 

結論、飛ばされたら終了です。

 

こんな事態が連発される時点で収益化の夢は終わります。

 

だから、なんとしても見てもらうための「コンテンツ力」か「戦略」が必要になるわけです。

 

「じゃあ、どうすればいいの??」と思うでしょう。

 

安心してください。今から1つずつ順番に解説していきます。

 

 

収益化のための3つの対策

 

収益化を効率化するための対策は3つの部分に行います。

 

【収益化のための対策】

  1. 動画投稿の対策
  2. フォロワー対策
  3. 収益化対策

 

動画投稿の対策

 

まずは「動画投稿の対策」について考えていきましょう。

 

動画投稿への対策は大きく3つあります。

 

ユーザー行動

【動画投稿への対策】

見る?or 飛ばす?

いいねする?

プロフィールに行く?

 

見る?or 飛ばす?

見る?or 飛ばす?

 

最初に考えないといけないのが、ユーザーが動画を見るか判断する時に引き止める対策です。

 

ここで飛ばされてばかりだと「絶対」に収益化できません。

 

ユーザーの多くは数秒で動画を見るかの判断をしています。

 

つまり、動画の冒頭の数秒で有効な対策を打てるかで結果が大きく変わるわけです。

 

ユーザーが動画を飛ばす理由は「動画の内容がわからない」からなので、ひと目で動画の内容が分かるようにしてあげましょう!

 

「〇〇な人の行動10選」などのタイトル動画がバズりやすいのは「動画を見る選択をとる人が多くなる」からです。

 

【ユーザー引き留め対策】

引き強のテキストを入れる

人気の音楽を使う

+ 人気の音楽を使うと?

人気の音楽を使うと、その曲を聴きたくて動画を視聴する人たちがでてきます。いいねをするかどうかはコンテンツの質次第です

 

 

いいねする?

いいねする?

 

なんとか動画を見てくれたユーザーの満足度によって「いいね」「コメント」「シェア」などのエンゲージメントの検討がなされます。

 

まずは「いいね!」狙いましょう。

 

基本的にいいねを稼げるかどうかは「コンテンツの質」です。

 

皆さんのTikTokerとしての腕が試されるところなので、面白い・有益なコンテンツを作れるように試行錯誤してください。

 

私からは「戦略」についてのアドバイスをします。

 

いいね獲得戦略の1つとしては、1分間の動画投稿などがあります。

 

いいね!にはメモとしての使い方もあるので、少し長い1分間の動画であればメモする理由が生まれます。

 

+ いいねのメモ機能について

TikTokのおすすめで「いいね」した動画はプロフィールで一覧表示されます。そのため、お昼休みや通勤時間などにメモとしていいねをするユーザーが一定数います。

 

また、「もう一度見たいけど、フォローするかは検討」のユーザーでもエンゲージメントしてくれます。

 

このようなフォロー検討中ユーザーはコンテンツには満足してるのであと一押しの対策でフォローしてくれます。

 

さあ、あと一押しはどんな対策でしょうか?

 

【いいね対策】

1分間の動画投稿でメモ(いいね)する必要性をつくる

いいね!ボタンの後ろにエフェクトを入れよう

+ いいねの後ろにエフェクト入れると?

いいね!ボタンの後ろにエフェクトを入れることが、視聴者の意識がいいね!に向きます。その結果、いいねしようかな?と感じるわけです。

 

 

プロフィールに行く?

プロフィールに行く?

 

いいね!したユーザーはあなたの動画に満足しています。

 

しかし、みなさんが集めるべき優良ユーザーです。(理由は後ほど)

 

優良ユーザーの場合「いいね!」「フォロー」別問題と考えます。

 

彼らは自分に本当に価値のあるTikTokerのみをフォローして、おすすめを自分の為になるコンテンツで埋める傾向があります。

 

まずはプロフィールに移動して検討してもらう必要があります。

 

そのために重要なのが「コンテンツの質」です。

 

例えば、「日常で偶然撮れました」的なコンテンツであれば、その1本で魅力は終了です。

 

その場の満足につながったとしてもフォローをする理由がありません。そもそも優良なフォロワーは集まりません。

 

優良フォロワーの獲得には「日々情報収集したいジャンル」をテーマにした動画を上げる必要があります。

 

【プロフィール誘導対策】

情報収集したいジャンルをテーマにする

 

 

 

ここまでで「動画投稿の対策」は終了です。

 

次は具体的に「どのような対策を行うことでフォロー率を上げるか?」をお話していきます。

 

 

フォロワー対策

 

優良ユーザーはプロフィールに移動して、そこで自分の好きなコンテンツのTikTokerかをフォローするか判断します。

 

その時の判断材料が「プロフィール」です。

 

つまり、「プロフィールの作り込み」でフォロー率に大きく変化するわけです。

 

【プロフィールの作り込み】

アイコン

TikToker名

自己紹介文

過去動画の調整

 

特に重要なのが「自己紹介文」と「投稿動画」なので順番に解説していきます。

 

自己紹介文

自己紹介文では、あなたの動画が「どんなジャンルなのか?」を示すことができます。

 

優良フォロワー自分にマッチするかどうかを判断したいので、ジャンルキーワードが含まれているだけで第一関門は突破です。

 

それぞれのジャンルで心に刺さる&よく検索される「キーワード」があると思うので、そのキーワードを盛り込みましょう!

 

ユーザーの興味のない自己満はNG

これしてる人かなり多いです

 

【自己紹介の作り込み対策】

自己紹介分は80文字

ジャンルのキーワードを使う

ライブ配信の時間を告知

投稿頻度を伝える

「お仕事の依頼はDM」

 

自分に必要な作り込みを適宜やりましょう!

 

 

過去動画の調整

 

極論、フォロー率は「過去の動画」で決まります。

 

過去の投稿において意識するべきが「世界観」です。

 

SNSのフォローは言わば「友達になるかどうか」の選択です

 

「おしゃれ」や「人気者」と友達になりたいと思うのはその世界観を自分のもののように感じたいからです。

 

つまり、プロフィールで魅力的な世界観の過去動画を見せることができればフォローにつながります。

 

【ポイント】

結果のよくない動画は作り直しで再投稿

まとめ機能で利便性をあげる

カバーに統一感を持たせる

 

 

 

フォロワー対策

 

ここまでで「フォロワー対策」は終了です。

次は具体的に「どのような対策を行うことでフォロー率を上げるか?」をお話していきます。

 

 

収益化対策

 

収益化と言っても様々なやり方があるので、ここでは収益化するために行うべき根本的な対策を紹介します。

 

まずは2点確認してください。

【収益化対策】

フォロワー育成

ユーザー行動の理由をつくる

 

フォロワー育成

収益化対策としてしないといけないことがフォロワー育成です。

 

TikTokを利用した収益化では、必ずしもフォロワーがあなたにお金を支払うわけではありません。

 

【報酬を支払う人】

  • 【投げ銭】視聴者→ TikTok → TikToker
  • 【PR案件】企業 → TikToker
  • 【PR報酬】アフィリエイト会社 → TikToker
  • 【広告】他SNS→TikToker

 

しかし、この報酬を受け取るためにあなたはフォロワーを誘導する必要があります。

 

そのためにフォロワー育成で「信頼」をつくるのです。

 

フォロワー育成の方法は「フォロワーとのコミュニケーション」が1番です。

 

フォロワー育成の方法には以下があります。

【フォロワー育成の対策】

  • 投稿頻度を増やす
  • コメントで交流
  • ライブ配信で交流
  • Q&A機能を使う

 

 

理由をつくる

これが収益化で1番重要なポイントです。

 

「ユーザー行動の需要」を作りましょう。

 

需要とは、「必要と感じる心」です。つまり、「欲求」です。

 

ちなみに原始的な欲求であればあるほど、人は行動します。

ご飯毎日買う→ 食べないと死ぬから(原始的な欲求)

デザートたまに買う→ 食べなくても死なないから

 

このように食べるという行動であっても「条件」が変われば需要の大きさが変わります。

 

つまり、「条件」を変更すれば「需要」の程度の違いを作れるということです。

 

例えば、ライブ配信の投げ銭での収益化であれば、投げ銭をすれば「相談できる」ようにすれば投げ銭をする需要を作れるわけです。

 

本気の「需要」を感じてもらえるかどうかが収益化の分かれ道です

 

収益化のやり方に合わせて「ユーザー行動の需要」を作り出しましょう

 

【収益化の対策】

「ユーザー行動の需要」の需要を作る

 

ここまでで「収益化の対策」は終了です。

 

収益化の対策

 

次は「ジャンルの選定」について考えていきます。

 

 

収益化を考えて、特化するジャンルを決めよう!

収益化を考えて、特化するジャンルを決めよう!

 

「特化」するジャンルを明確に決めましょう!

 

特化ジャンルを決めることで「集客」と「収益化」の2つの観点から大きなメリットを作ることができます。

 

【ジャンルを決めるメリット】

世界観ができる

優良フォロワーが集まる

企業案件につなげやすい

競合が少なくなる

 

と言うことで、特化するジャンルを決めましょう!

 

ここでいくつか注意点です。

 

ジャンル選定は簡単な作業に見えますが、あなたの収益化の未来を大きく左右する重要な選択です。

 

めちゃくちゃ慎重に行ってください。

 

とりあえず始めることも重要ですが、間違った選択のその先はどれだけ正しいことをやってもそもそも間違いです。

 

ジャンルを決める際の注意点には以下があります。

【ジャンル選定のポイント】

市場規模があるか?

競合はいるか?

収益化のポイントを作れるか?

コンテンツの量産ができるか?

将来性があるか?

 

この辺のポイントを押さえておかないと、

  • フォロワーが集まったけど収益化が全然できない
  • 企画が思いつかなくて疲弊する
  • 月20万は稼げたけど、これ以上は稼げない

などの問題を遅かれ早かれ感じることになってしまいます。

 

これらは事業を初めてトライする人にありがちの悩みです。

 

目先だけでなく、中長期の目線も忘れないでください。

 

ここまでで「TikTokで収益化するための準備」は完了です!

 

ここからは「TikTok収益化の具体的なやり方」です。

 

今までお話した内容をもとにイメージを膨らませていきましょう。

 

 

 

TikTok収益化の具体的なやり方

TikTok収益化の具体的なやり方

 

それでは、TikTokでの具体的な収益化のやり方を説明します。

 

基本的にTikTokでの収益化の軸は2つになります。

  1. ライブ配信での投げ銭
  2. 企業案件

 

フォロワー数に応じて、収益化のためにするべきアクションが変わってくるのでそれぞれのステージに合わせて目安となる行動を説明します。

 

フォロワー500人を目指す

まずはフォロワー数500人を目指して動画の投稿を行ってください。

 

ここで注意するべき点は「戦略」と「コンテンツ力」でフォロワーを増やすことです。

 

フォロバやフォロワー購入などでフォロワーを500人まで増やすこともできますが、TikTokのアルゴリズムはみなさんが思っている以上に優秀です。

 

素人が考えられるレベルの行動にTikTokと言う世界の大企業が対策していないわけがありません。

 

本質的な手段でフォロワーを増やすことをおすすめします。

 

【やってはいけないフォロワーの増やし方

フォロバ

フォロワー購入

ジャンル無視でバズらして増やす←有名人の戦略

+ 補足

フォロバ...時代遅れですね。未成年アカウントをフォローした時にアカウント凍結リスクあり。

フォロワー購入...超格安の使い放題インフルエンサーサービスが存在するのはなぜでしょう?

ジャンル無視でバズらして増やす...みんなが考えることをやってもそもそも生き残れません。勝者が勝者である理由は、人がやっていないことを「戦略的」にしているからです。

 

フォロワー1万人まではライブ配信+企業案件で修行

 

フォロワーが1万人未満の時期インフルエンサーの修行期間です。

 

フォロワーが少ないからこそ、様々な施策を試しやすい時期でもあるので、アカウントの方向性も考慮して「フォロワー」や「企業」との関係性を勉強していきましょう。

 

この時のポイントは以下になります。

ライブ配信】

優良フォロワーの獲得と育成

投げ銭で少し収益化

企業案件が取りやすくなるブランディング

【企業案件】

対企業とのコミュニケーションを勉強

企業のニーズを知る

アカウントの世界観との融和を模索

 

ライブ配信でのポイント

ライブ配信ができるようになった時点で収益化はできます。

 

もしかするとジャンルを無視した「投げ銭戦略」に特化する方が稼げるかもしれません

 

ただ知名度で勝負するTikTokerを目指すのは茨の道です。

 

なぜなら次から次に登場する新しい世代と永遠に戦い勝ち続ける必要があるからです。

 

芸能人が数年周期で入れ替わるのがいい例だと思います。

 

そうならないためにも「コンテンツの質」で勝負して地位を固めるのがおすすめです。

 

本質で勝負すれば、収益は安定します。

 

投げ銭でもし一攫千金のチャンスを掴めたとしても、お金に目を眩ませずに「インフルエンサー」の軸はしっかりと持っていきましょう。

 

ライブ配信でのポイント】

優良フォロワーの獲得と育成

投げ銭で少し収益化

企業案件が取りやすくなるブランディング

 

 

企業案件

 

フォロワーが集まりだすと企業案件が舞い込んでくるかもしれませんし、自分から営業して取りに行くこともできます。

 

フォロワー1万人未満の間は下記のことを意識してTikTokでの収益化やビジネスのスキルを磨いてください。

 

まずは地域の中小企業を中心に企業案件をこなすことがおすすめです。

 

地元企業は横のつながりが強いので、芋づる式に企業案件を獲得できる可能性もあります。

 

地元のインフルエンサーを応援して次の世代につなげたいと考える社長さんもたくさんいます。

 

このような案件を獲得するためにはハッシュタグ戦略「地域に絞ったフォロワーの獲得が必要」です。

 

この方法については別のブログで説明します。

 

【企業案件】

対企業とのコミュニケーションを勉強

企業のニーズを知る

アカウントの世界観との融和を模索

 

+ 企業に悪印象な対応に注意!

以前、インフルエンサーを20名ほど起用した経験があるのですが、

  • 駆け出しインフルエンサー(1万人未満)
  • そこそこインフルエンサー(1万人以上10万人)

で対応が全然違うなと感じました。

結論から言うと、駆け出しインフルエンサーは経験が浅すぎるためか「無意識の失礼が多い」と言うことです。WEBマーケティングの土俵に立っている以上、クライアントからはそれなりの知見が求められます。インプレッション(表示回数)やCVR(転換率)などクライアント目線で交渉できているかなどです。収益化を急ぐがために長期的な利益を損なわないように注意しましょう。

 

フォロワー1万人から企業案件で収益化

 

フォロワーが1万人まで増えれば、インフルエンサーとして本格的に活動できます。

 

無料で行っていたPR案件を有料化していきましょう。

 

あなたの選ぶジャンルやフォロワー数などにもよりますが、1フォロワー「0.5円~2円」くらいを目安に収益化するのがおすすめです。

 

企業案件のリアルな相場

以前、インフルエンサー を利用した際に支払った企業案件の金額を少し載せておきます。

 

企業案件の相場

 

企業案件の相場

+ 考察

どのインフルエンサーも忙しそうにしていました。これくらいの金額で案件をとっていると、結構予定が埋まるのかな?と言った印象です。何よりも手取りで報酬を貰えるから安く起用できたのかなと思います。

 

今後のための収益化対策

「ライブ配信」と「企業案件」に加えて、将来的に収益化できるかもしれないので「他SNS」や「アフィリエイト」に関しても対策をしておきましょう。

 

他のSNSでの投稿

【他のSNSでの投稿】

Instagram

Youtube

TikTokに投稿した動画はYoutubeチャンネルを作成して投稿しておきましょう。

 

Youtubeの広告収益の条件は「チャンネル登録1000人」と「合計再生時間4000時間」なのでスグには収益化できませんが、対策をしないよりはした方がいいです。

 

外部誘導するようなコメントや発言はシャドウバン (密かにバン)される可能性があるので注意です!

 

アフィリエイト対策

今後TikTokの動画投稿で外部リンクの設置が実装された時に一気に収益源になる可能性があります。

 

こんな収益化のやり方もあるくらいに考えておきましょう!

 

まとめ

まとめ

 

TikTokライブ配信が収益化の「秘訣」|副業にもおすすめやり方を紹介はいかがだったでしょうか?

 

TikTokでの収益化に挑戦する人は多いですが、上手くいく人は一握りです。

 

コンテンツと戦略の大前提をしっかりと押さえて効率よく収益化に挑戦してください!

 

それでは、頑張ってください!

\ TikTokおすすめ本 /

TikTokで集客!流行りのSNSを最強のビジネスツールに変える本、日本初
TikTokをバカにしていた僕らが半年で10万人のフォロワーを獲得したからこそわかったこと

-収益化
-, ,

Copyright© TikTok完全攻略ガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.