TikTokの収益構造!TikTokはどうやって収益化をしてるの?

収益化

TikTokの「収益構造」を支える8つの収益源とは?ビジネスモデルを大解剖!

TikTokの収益構造!TikTokはどうやって収益化をしてるの?

 

TikTokの「収益構造」ってどうなってるの?
tiktokで悩む人
悩む人

 

今回はそんな疑問にお答えします。

 

こんな人におすすめの内容

  • TikTokの収益構造を理解して、TikTokでの集客につなげたい人
  • TikTokのビジネスモデルに興味がある方

 

TikTokコンサル KEI

 

このブログでわかること

  • 「収益構造」を支える8つの収入源
  • TikTokの「ビジネスモデル」の全体像

 

こんにちは。TikTokコンサルのTEEです。今回は主に「TikTokの収益構造を理解して、TikTokでの集客につなげたい方」向けに「TikTokのビジネスモデルを大解剖!「収益構造」を支える8つの収益源とは?」というテーマでお話します。

 

TikTokはバイトダンス株式会社によって運営される「無料」のショートムービーアプリです。世界中で大人気のTikTokがどのようにマネタイズを行っているかご存知でしょうか?後ほどお話しますが、「広告収益」と「投げ銭からの収益」を主な収入源としています。TikTokのビジネスモデルを勉強して収益構造への理解を深めることは、TikTokでのフォロワー獲得や集客にも大きなヒントとなります。今回のブログでは、TikTokのより具体的な8つの収入源について1つずつ解説していきます。

 

読むのにかかる時間

たった7分で読めます

 

TikTokに関する情報をまとめて知りたい方は

>>【2022年】TikTok収益化|完全攻略ガイド|まとめ

 

「収益構造」=「ビジネスモデル」

「収益構造」=「ビジネスモデル」

 

そもそも「収益構造って何?」という疑問をお持ちのために収益構造について少し掘り下げてお話します。収益構造については、「わかるから大丈夫!」という方はTikTokの収益構造についてを読み進めてください。

収益構造とは?

収益構造とは、つまり「ビジネスモデル」のことです。具体的に「どうやってお金を稼ぐのか?」というビジネスの仕組みのことを収益構造と考えてください。

 

TikTok収益構造の本質は「ユーザーの時間をお金に変える」

TikTokの収益構造の本質は「ユーザーの時間をお金に変えること」にあります。ティックトックは無料のアプリですが、それでもマネタイズができており、今では世界のSNSとも肩を並べるプラットフォームとなっております。そんなTikTokの収益構造の本質は「ユーザーの時間」にあります。つまり、ティックトックは「TikTokを介してユーザーの時間を企業に売ること」によって、マネタイズを行っています。ユーザーはティックトックを利用して余暇の時間を消費します。これにより、TikTokは「人が集まる場所」言わば、「ショッピングモールのようなオンライン空間」となるわけです。人が集まる場所にはお金が集まります。そして、より多くのユーザーが集まれば集まるほどに、TikTokの価値は高まっていきます。そして、TikTokという場で「広告を出したいよ!」という企業に広告を売れるわけです。この広告を出したいというニーズがTikTokの収益構造の根幹となっています。次章ではTikTokがどのようにお金を稼いでいるのか?をより具体的に説明していきます。

 

TikTokの収益構造について

TikTokの収益構造について

冒頭でもお話しましたが、TikTokを運営するバイトダンスのビジネスモデルは「広告収益」と「投げ銭による収益」に支えられています。どちらの収益源も原価がかからないために高利益・低原価のビジネスモデルとなっています。

 

 

広告収益でのマネタイズ

ティックトックのビジネスモデルは5つの広告収益からのマネタイズに支えられています。

インフィード広告

収益構造の1つ目がTikTokのフィード(おすすめやフォロー中で表示される動画)中に表示される広告です。

※画面左したに「広告」と表示されています。

この枠では最大60秒間の長さで、通常の動画と同じように、ユーザーが広告動画に対して「いいね!」や「コメント」、「シェア」することができます。

広告動画がながれると下に「詳細を見る」というボタンが表示され、クリックすると企業サイトや商品サイトに飛びます。

 

トップビュー広告

収益構造の2つ目がトップビュー広告です。1日1社限定になります。アプリ起動時に表示されるため、もっとも多くのユーザーに表示できます。

最大動画長は60秒で縦型のフルスクリーンなので、ユーザーの目を引きやすく、企業のブランド認知に最適なメニューです。

 

起動画面広告

収益構造の3つ目が起動画面広告は名前のとおり、アプリ起動時に表示されます。これはトップビュー広告とは動画尺が異なります。

起動画面広告では、3〜5秒の動画または3秒の静止画が流れます。

トップビュー広告と比較すると動画尺が短いですが、起動後に表示されるので多くのユーザーに表示できることがメリットとなります。

こちらも1日1社限定の配信になっています。

 

 

ブランドハッシュタグチャレンジ広告

収益構造の4つ目がブランドハッシュタグチャレンジ広告です

ユーザーに特定のハッシュタグの付いた投稿を促し、中長期間でTikTok内での露出することができます。

ハッシュタグチャレンジ広告が他と異なるのは、ユーザーの投稿によって「共感」と「参加」が生まれることです。

他の広告メニューは、いわばテレビCMと同じように、広告動画が流れてたから見る、というようにどうしても受動的になりがちでした。

しかし、ハッシュタグチャレンジは、自身がそのハッシュタグを使って動画を投稿するため、その瞬間に企業への共感が生まれやすくなり、さらにハッシュチャンレジへ参加するという自発的な行動に繋がるため、

ユーザーによってその企業ブランドを認知するだけでなく興味・関心も得られやすくなります。

そのハッシュタグがTikTok内で拡散されれば、圧倒的なエンゲージメントにも繋がりますね。

 

ブランドエフェクト

収益構造の4つ目がブランドエフェクトです。ブランドエフェクトは画像認識技術をつかったエフェクトコンテンツを通して、バーチャルの中で企業ブランド体験を提供することができます。

企業がティックトック内で自社ブランドのエフェクトを提供することで、商品ベネフィットの体験や新しい活用シーンの提案などを行うことができます。

ブランドエフェクトもハッシュタグチェレンジと同じように、共感と参加を生み出すことができるため、ユーザーから高いエンゲージメントが期待できます。

 

インフルエンサーコラボレーション

最後の収益構造がインフルエンサーコラボレーションです。企業がインフルエンサーに依頼して、自社ブランドをティックトック内でプロモーションしてもらうことができます。

いわゆる企業案件と呼ばれるやつですね。

多くのケースは、企業とインフルエンサー(事務所所属の場合も含む)のやり取りで案件が完結することが多いですが、ティックトッククリエイターファンドという組織に所属するインフルエンサーが企業案件を請け負った際は、企業からプロモーション費用の一部がTikTokに収益として入るようになっております。

クリエイターファンドはティックトックが公式に認めたインフルエンサーしか所属できない組織で、クリエイターファンドによるインフルエンサーコラボレーション案件は海外の一部の地域でのみ実施された実績があるものの、日本ではまだ公式には公表されていません。

 

投げ銭によるマネタイズ

ティックトックのビジネスモデルは投げ銭からもマネタイズにも支えられています。結論からお話すると、ティックトックは「投げ銭購入金額の約70%の手数料」によってもマネタイズしています。超高利益率のビジネスモデルですよね。最近では投げ銭を収益構造とするメディアも多くなってきました。TikTokでライブ配信を視聴される方であればわかるかもしれませんが、想像以上に多くの投げ銭が毎日行われています。参考程度に投げ銭での収益がどれくらいなのか以下の表をご覧ください。

 

◆仮に100万円の投げ銭が行われた場合、収益は以下になります。

TikTokの収益(約70%) 70万円の利益
配信者の収益(約30%) 30万円の利益

 

◆トップ配信者であれば1週間で「300~500万」ほどの投げ銭収益を稼いでいたりします。←これが配信者の30%なので、TikTokは残りの70%にてマネタイズしています。

TikTokの収益(約70%) 700万円の利益
配信者の収益(約30%) 300万円の利益

 

投げ銭によるマネタイズでは、主に2つの「投げ銭流通の手数料」に収益化が行われています。1つ目のマネタイズが「ユーザーが投げ銭するためのコインを購入するときの手数料」、2つ目のマネタイズが「投げ銭がダイヤモンドに変換されるときの手数料」です。

 

投げ銭の流れ

  1. ユーザーがティックトック内でコインを購入する(マネタイズ)
  2. コインでギフトを入手
  3. ユーザーがギフトをライブ配信者にあげる
  4. ライブ配信者がギフトをダイヤモンドに交換する(マネタイズ)
  5. ライブ配信者がダイヤモンドを換金する

 

以上のような流れで投げ銭によるマネタイズが完了します。より具体的な投げ銭による収益を知りたい方はこちらのブログもご覧ください。

TikTokの投げ銭を攻略|換金率はいくら??
TikTokの投げ銭の「換金率」はいくら??

TikTokの投げ銭の換金率っていくらなの?悩む人   今回はこんな悩みにお答えします。   Twitter(@tee___247←相方のTEE)がTikTokの情報を発信中 &n ...

続きを見る

 

 

まとめ

まとめ

TikTokのビジネスモデルを大解剖!「収益構造」を支える8つの収益源とは?はいかがだったでしょうか?もう一度TikTokのビジネスモデルを支える8つの収益源をまとめておきます。

 

 

 

\ TikTokおすすめ本 /

TikTokで集客!流行りのSNSを最強のビジネスツールに変える本、日本初
TikTokをバカにしていた僕らが半年で10万人のフォロワーを獲得したからこそわかったこと

-収益化
-,

Copyright© TikTok完全攻略ガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

TikTok 副業