収益化

TikTokの収益構造💰を徹底調査!!

TikTokの収益構造!TikTokはどうやって収益化をしてるの?

 

「TikTokの収益構造ってどうなってるの?」

 

今回はそんな疑問にお答えします。

 

TikTokコンサル KEI

 

今回は

 

Tee@TikTokコンサル
TikTokの収益構造について

 

というテーマでお話ししていきます

 

収益構造って何?

そもそも「収益構造って何?」という疑問をお持ちのために収益構造について少し掘り下げてお話します。収益構造については、「わかるから大丈夫!」という方はTikTokの収益構造についてを読み進めてください。

収益構造とは?

収益構造とは、つまり「ビジネスモデル」のことです。具体的に「どうやってお金を稼ぐのか?」というビジネスの仕組みのことを収益構造と考えてください。

 

TikTok収益構造の本質は「ユーザーの時間をお金に変える」

TikTokの収益構造の本質は「ユーザーの時間をお金に変える」にあります。ティックトックは無料のアプリですが、それでもマネタイズができています。この収益構造の秘密が「ユーザーの時間」です。多くのユーザーがティックトックで時間を使えば使うほど、アプリとしての価値が高まります。そして、TikTokという場で「広告を出したいよ!」という会社も増えていきます。この広告を出したいというニーズがTikTokの収益構造の根幹となっています。次章ではTikTokがどのようにお金を稼いでいるのか?をより具体的に説明していきます。

 

TikTokの収益構造について

日本でも大人気のTikTokですが、運営がどうのように「収益構造」でマネタイズをしているかご存知でしょうか?

 

「ティックトックって無料で使えるじゃん!どうやって運営は儲けてるの??」と疑問に思っている方のために、TikTokの収益構造について調査してみたので紹介していきます。

 

まずTikTokは、ByteDanceという企業によって運営されています。

 

みなさんもご存じかもしれませんが、TikTokは中国で産まれたアプリなんですね。

※厳密には、TikTokは中国の抖音(Douyin)というアプリの海外バージョンです。中国語名称のアプリでは世界に浸透しにくいというマーケット構造の観点から、海外向けにはTikTokという名前でサービス提供をしています。

 

ここから本題ですが、TikTokの収益構造として次の2つの収益源が存在します。

これら2つの収益源について詳しく順番説明していきますね。

 

TikTokアプリでの広告収益

ティックトックの収益構造である広告収入は次の5つです。

インフィード広告

収益構造の1つ目がTikTokのフィード(おすすめやフォロー中で表示される動画)中に表示される広告です。

※画面左したに「広告」と表示されています。

この枠では最大60秒間の長さで、通常の動画と同じように、ユーザーが広告動画に対して「いいね!」や「コメント」、「シェア」することができます。

広告動画がながれると下に「詳細を見る」というボタンが表示され、クリックすると企業サイトや商品サイトに飛びます。

 

トップビュー広告

収益構造の2つ目がトップビュー広告です。1日1社限定になります。アプリ起動時に表示されるため、もっとも多くのユーザーに表示できます。

最大動画長は60秒で縦型のフルスクリーンなので、ユーザーの目を引きやすく、企業のブランド認知に最適なメニューです。

 

起動画面広告

収益構造の3つ目が起動画面広告は名前のとおり、アプリ起動時に表示されます。これはトップビュー広告とは動画尺が異なります。

起動画面広告では、3〜5秒の動画または3秒の静止画が流れます。

トップビュー広告と比較すると動画尺が短いですが、起動後に表示されるので多くのユーザーに表示できることがメリットとなります。

こちらも1日1社限定の配信になっています。

 

 

ブランドハッシュタグチャレンジ広告

収益構造の4つ目がブランドハッシュタグチャレンジ広告です

ユーザーに特定のハッシュタグの付いた投稿を促し、中長期間でTikTok内での露出することができます。

ハッシュタグチャレンジ広告が他と異なるのは、ユーザーの投稿によって「共感」と「参加」が生まれることです。

他の広告メニューは、いわばテレビCMと同じように、広告動画が流れてたから見る、というようにどうしても受動的になりがちでした。

しかし、ハッシュタグチャレンジは、自身がそのハッシュタグを使って動画を投稿するため、その瞬間に企業への共感が生まれやすくなり、さらにハッシュチャンレジへ参加するという自発的な行動に繋がるため、

ユーザーによってその企業ブランドを認知するだけでなく興味・関心も得られやすくなります。

そのハッシュタグがTikTok内で拡散されれば、圧倒的なエンゲージメントにも繋がりますね。

 

ブランドエフェクト

収益構造の4つ目がブランドエフェクトです。ブランドエフェクトは画像認識技術をつかったエフェクトコンテンツを通して、バーチャルの中で企業ブランド体験を提供することができます。

企業がティックトック内で自社ブランドのエフェクトを提供することで、商品ベネフィットの体験や新しい活用シーンの提案などを行うことができます。

ブランドエフェクトもハッシュタグチェレンジと同じように、共感と参加を生み出すことができるため、ユーザーから高いエンゲージメントが期待できます。

 

インフルエンサーコラボレーション

最後の収益構造がインフルエンサーコラボレーションです。企業がインフルエンサーに依頼して、自社ブランドをティックトック内でプロモーションしてもらうことができます。

いわゆる企業案件と呼ばれるやつですね。

多くのケースは、企業とインフルエンサー(事務所所属の場合も含む)のやり取りで案件が完結することが多いですが、ティックトッククリエイターファンドという組織に所属するインフルエンサーが企業案件を請け負った際は、企業からプロモーション費用の一部がTikTokに収益として入るようになっております。

クリエイターファンドはティックトックが公式に認めたインフルエンサーしか所属できない組織で、クリエイターファンドによるインフルエンサーコラボレーション案件は海外の一部の地域でのみ実施された実績があるものの、日本ではまだ公式には公表されていません。

 

投げ銭による収益

ティックトックの収益構造の2つ目は、投げ銭です。最近では投げ銭を収益構造としてしているメディアも多くなってきましたね。

ティックトックを日常的に使っている方であれば、ティックトックライブを見たことがあるかもしれませんが、投げ銭はティックトックライブでのみ行うことができます。

では、運営側は投げ銭のどこで収益を得ているのか、まずは投げ銭システムの流れについて簡単に説明していきます。

投げ銭の流れ

  1. ユーザーがティックトック内でコインを購入する
  2. コインでギフトを入手
  3. ユーザーがギフトをライブ配信者にあげる
  4. ライブ配信者がギフトをダイヤモンドに交換する
  5. ライブ配信者がダイヤモンドを換金する

投げ銭の流れは、ざっくり上記のとおりです。

ティックトックでは120円からコインを購入することができ、120円に対して入手できるコインは65枚です。

また、ライブ配信者がギフトをダイアモンドに交換する場合、1ダイアモンド=2コイン相当のギフトになります。

少し複雑なので、ユーザーが2440円支払って1320枚相当のギフトを入手し、そのギフトを1ライブ配信者に投げた場合に、このライブ配信者の手残りはいくらになるのか、計算してみたいと思います。

2440円→コイン1320枚→ギフト(コイン1320枚相当)→ダイアモンド660個→660円

なんと、ユーザーが2440円相当のギフトを1ライブ配信者へ投げた場合、ライブ配信者の手元には約30%にあたり660円しか残りません。

つまり、70%にあたる1780円は、運営側の収益になっているわけですね。

まとめ

今回はティックトックの収益構造について紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

無料で楽しめるティックトックを使っていると、いったい運営はどこで収益を得ているか、気になるところでしたが調べてみると、しっかり収益を得ていました。

運営の収益構造を理解しておくのは、とても重要です。なぜなら、運営が儲かっていなければ、メディア運営が継続できなるからです。

ユーザーからしても、せっかくこれまで集めたフォロワーや苦労して作ったコンテンツを無駄にしたくはありませんよね。

有名な話ですが、今や知らない人はいないYouTubeも経営が危ぶまれる時期がありました。全世界でYouTubeの知名度が浸透してきた2009年、チャンネル開設数が爆発的に増えた影響で回線費やサーバー費が増加して、400億円以上の赤字となっていたのです。その後、親会社であるグーグルにより収益構造を見直しと再建が行われ、現在は黒字化されています。

今回はティックトックの収益構造について紹介しましたが、ティックトックもしっかり収益をあげていており、運営もかなり安定しているのではないかと思います。

ただ、1人のユーザーとして、特に投げ銭の70%が運営に収益になるのは少しとり過ぎではないかと思うところではありますが、やはりスマホ1つで稼げるのはやっぱり嬉しいですね。

-収益化
-

Copyright© TikTok完全攻略ガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

【2022年】TikTok収益化|完全攻略ガイド|まとめ