バズる方法

「海外」でTikTokを「バズらせる」方法【厳選11選】

悩む人

世界で活躍するTikTokerになりたいけど、「海外」でTikTokを「バズらせる」方法がわからない…

 

こんにちは。

 

TikTokコンサルのTeeです。

 

今回は

 

Tee@TikTokコンサル

「海外」でTikTokを「バズらせる」方法【厳選11選】

 

というテーマでお話します。

 

こんな方におすすめ

  • 海外で有名なTikTokerになりたい人
  • 海外で初バズりを狙いたい人
  • TikTokコンサルを目指している人

 

読むのにかかる時間

8分で読めます

 

「たった8分」でわかる内容はこちらです

 

このブログでわかること

  • 海外でバズる方法を11選を紹介します
  • よりバズる可能性を上げるためのおすすめ戦略

 

もっと詳しいTikTokマーケティング情報が欲しい方はこちら

TikTokコンサルTeeのLINE公式はこちら

もっとTikTokに関するコアな情報が欲しい方はこちら

お友達登録お願いします

※毎週金曜日:18:00にTikTok情報を配信!!

 

 

これからお話する海外でバズる方法はあくまで

 

Tee@TikTokコンサル
よりバズりやすくなる方法

 

です。

 

結局、バズるかどうかは動画のクオリティーです。

 

どんな方法を使ったとしても、バズるときバズります

 

バズらないときはバズりません。

 

その点だけご了承ください。

 

 

「アカウントの設定」で海外のバズを狙う方法

「アカウントの設定」で海外のバズを狙う方法

 

まずはアカウントの設定で海外でのバズを狙いやすくする方法をご紹介します。

 

誰でも簡単に海外のバズる可能性を高くできる方法です。

 

海外でのバズらせたいTikTokerは必ず対策しておきましょう。

 

 

「ユーザー名」を「海外対応」にする

重要度:☆☆☆☆☆

 

あなたのTikTokアカウントのユーザー名を「海外」のユーザーでも読めるように「英語」表記も取り入れましょう。

 

日本の上位TikTokerはみんなユーザー名に英語での表記も行っています。

 

海外でのバズを狙う時に誰でもできる簡単な方法なのですぐに対策しておきましょう。

 

日本語名|英語名

 

のようにするのがおすすめです。

 

ちなみに日本のトップTikTokerのじゅんやさんはこのように英語名を表記しています。

 

日本一のTikTokerじゅんや

 

 

「自己紹介」を「海外対応」にする

重要度:☆☆☆☆☆

 

あなたのTikTokアカウントの自己紹介を「海外」のユーザーでも読めるように「英語」で書きましょう

 

こちらの海外対策も日本の上位TikTokerはしっかりと対策しています。

 

こちらも海外でのバズを狙う時に誰でもできる方法なのですぐに対策しておきましょう。

 

 

アプリの言語を「英語」にする

重要度:☆☆★★★

 

アプリの言語表示を「英語」にすることで少なからず海外ユーザーにあなたの動画を見せやすくなるではないかなと個人的には思っています。

 

確証はないので、重要度は☆2つとしておきました。

 

TikTokを開いて「マイページ」→「アプリの言語」から変更できます。

 

念には念を入れたい方は「英語」に設定しておきましょう。

 

 

「コンテンツ設定」で「海外対応」の言語を追加する

重要度:☆☆☆☆★

 

「コンテンツ設定」で「海外対応」の言語を追加しましょう。

 

TikTokを開いて「マイページ」から「コンテンツ設定」クリックすると以下のような画面に変わります。

 

「コンテンツ設定」で「海外対応」の言語を追加する

 

そこには

 

コンテンツ言語の優先順位に基づいて「おすすめ」に表示される動画がカスタマイズされ、より良い視聴体験をお楽しみいただけます。

と書かれています。

 

基本的には見る側の設定ではありますが、TikTokがあなたの動画をユーザーにお勧めする際の指標になっているかもしれないので、念のため登録しておきましょう。

 

  • 英語
  • 中国語
  • スペイン語
  • ヒンディー語

 

この辺でいいと思います

 

 

「海外ユーザー」を狙ってバズる方法

「海外ユーザー」を狙ってバズる方法

 

まずは海外ユーザーを狙ってバズりやすくする方法をご紹介します。

 

海外でのバズらせたいTikTokerは必ず対策しておきましょう。

 

 

言葉を使わずにバズる動画を投稿する

重要度:☆☆☆☆☆

 

言葉を使わない動画投稿をすることで海外でバズる可能性を上げることができます。

 

実際に日本の上位TikTokerはダンスや面白ネタなど言葉以外での動画コンテンツを海外のTikTokユーザーに届けることによって、世界的なバズを作り出しています。

 

日本語を使ってしまうと日本人にしかバズらない動画になってしまいがちです。

 

本当に海外でバズらしたいのであれば、言葉を使わない動画でバズらせる努力をしていきましょう。

 

 

海外で人気の「ハッシュタグ」を使う

重要度:☆☆☆☆☆

 

海外で人気の「ハッシュタグ」を利用することによって、海外ユーザーのおすすめに表示されるようになります。

 

その結果、海外でバズる可能が高くなる方法となります。

 

ハッシュタグを利用する際には、英語のハッシュタグを使うだけでなく、ハッシュタグを利用してより明確なターゲットにターゲットに動画をおすすめ出来るようにも心がけましょう。

 

 

世界中で「人気の曲」を使う

重要度:☆☆☆☆☆

 

世界中で「人気の曲」をリサーチして利用するようにしましょう。

 

当たり前のことではありますが、日本で流行っている曲と海外で流行っている曲は違います。

 

また、TikTokは前身のMusical.lyの時から「音楽」に対して強いこだわりがります。

 

おすすめ機能においても、音楽の選定は重要視されていることを意識して世界でのバズを狙っていきましょう。

 

 

動画の説明に「英語」を使う

重要度:☆☆☆☆☆

 

動画の説明文に英語を利用することによって、幅広い海外ユーザーにアプローチすることができます。

 

その結果、海外でバズる可能が高くなる方法となります。

 

英語が苦手でも、Google翻訳を利用すればOKです。

 

 

「エンゲージメント」を高めて「海外」でバズる方法

「エンゲージメント」を高めて「海外」でバズる方法

 

海外ユーザーとの「エンゲージメント」を高めて海外でバズらせる方法をご紹介します。

 

TikTokはユーザー同士の関わり(エンゲージメント)を非常に重要視しています。

 

そもそもSNSは「人と人との関わり(エンゲージメント)をオンラインに置き換えた場」です。

 

世界で人気なTikTokerになりたいのであれば、リアルな世界と同じように人との関わり(エンゲージメント)を高めていきましょう。

 

 

海外TikTokerに「いいね」や「コメント」をする

重要度:☆☆☆☆☆

 

海外のTikTokerに積極的に「いいね」や「コメント」をして、関わり(エンゲージメント)を深めていきましょう。

 

海外の人との「いいね」や「コメント」をすることにより、必然的に海外への露出が増えます。

 

当たり前のことですが、海外からのいいねやコメントが増えることになります。

 

また、海外ユーザーとの関わり(エンゲージメント)が深いとTikTokerに判断されると、海外のユーザーにおすすめしてもらえる可能性も上がります。

 

 

できるなら、英語で「ライブ配信」をする

重要度:☆☆☆☆☆

 

海外だけではなく日本でも言えることですが、「ライブ配信」を行うことによって、おすすめに上がりやすくなります。

 

最もバズる可能性が高くなる方法と言っても過言ではないのではないでしょうか?

 

本気で海外を視野に入れて、TikTokをするのであれば少しずつ英会話に力を入れることもおすすめです。

 

>>>おすすめのオンライン英会話Native Camphはこちら

 

 

海外のTikTokerとコラボする

重要度:☆☆★★★

 

海外のTikTokerとコラボすることで、海外のユーザーに多く露出できます。

 

その結果、海外でバズる可能は必然的に高くなる方法となります。

 

今はコロナ禍ということもありコラボしにくいこともありますが、出来るのであれば積極的にコラボして世界でバズるきっかけを作っていくことをおすすめします。

 

 

もっと海外でバズりすくする方法

もっと海外でバズりすくする方法

 

 

ここまでは海外でバズる基本的な方法をご紹介してきました。

 

ここからは僕の海外経験から「海外でバズらす方法」として個人的に考えることをお話します。

 

 

「東南アジア」でのバズを狙うのがおすすめ

 

世界でバズらせたいのであれば、「東南アジア」をターゲットにして「バズ」を狙うのがおすすめです。

 

東南アジアをターゲットにすれば、バズりやすいと考える理由は以下の通りです。

 

 

東南アジアのSNS使用率が高いから

 

東南アジアでは、日本より圧倒的にSNSの使用率が高いです。

 

日本では考えられませんが、東南アジアの国々では仕事の最中にもTikTokを見ることができる場合がほとんどです。

 

必然的に多くのユーザーに見てもらえる可能性が高くなり、バズる可能性が上がると言えます。

 

 

「いいね」や「コメント」のハードルが低い

 

日本のTikTokユーザーはなかなか「いいね」「コメント」をしてくれませんが、東南アジアの人々はとても「いいね」「コメント」に対するハードルが低いです。

 

ちょっといいと思ったら「いいね」をしてくれます。

 

何か疑問に思えば、「コメント」をしてくれます。

 

東南アジアをターゲットにした動画投稿を行えば、日本よりもバズりやすくなります。

 

 

親日国家が多い

 

東南アジアには、親日国家が多く存在します。

 

同じアジア圏ということもあり、アメリカやヨーロッパ圏よりもバズる可能性が高くなるということができます

 

また、東南アジアの女性は日本のコスメをよく利用しています。

 

このような背景を利用したTikTok投稿により、世界でバズることができるかもしれません。

 

 

まとめ

今回のテーマ

 

Tee@TikTokコンサル
「海外」でTikTokを「バズらせる」方法【厳選11選

 

はいかがだったでしょうか?

 

ちょっとしたTikTokの設定や戦略で

 

海外でのバズらせるきっかけを作ることは誰にでもできます。

 

バズる方法に関する

>>準備中

 

もっと詳しいTikTokマーケティング情報が欲しい方はこちら

TikTokコンサルTeeのLINE公式はこちら

もっとTikTokに関するコアな情報が欲しい方はこちら

今すぐ申し込む

※毎週金曜日:18:00にTikTok情報を配信!!

-バズる方法
-,

Copyright© TikTok完全攻略ガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.